So-net無料ブログ作成

東大寺にふすま絵40面奉納=日本画家、5年がかりで制作−奈良(時事通信)

 日本画家の小泉淳作氏が2006年5月から5年がかりで制作に取り組んでいた東大寺(奈良市)本坊のふすま絵7作品全40面が完成し、20日午前、同寺に奉納された。
 奉納されたのは、本坊境内のソメイヨシノ2本を描いた「東大寺本坊の桜」(4面、縦197センチ、横384センチ)、「吉野の桜」(4面、縦197センチ、横579センチ)、「蓮池」(16面、縦197センチ、横2002センチ)など7作品で、同寺が小泉氏に制作を依頼していた。 

<質問なるほドリ>アジア大会新種目、なぜ囲碁が選ばれたの?(毎日新聞)
外国人介護士候補者の滞在期間「もう少し長く」―仙谷担当相(医療介護CBニュース)
参院千葉に水野前議員=21日に出馬要請−みんなの党(時事通信)
学生監禁致傷公判 元巡査 罪状認める 神戸地裁(産経新聞)
首長ら「日本創新党」旗揚げ=党首に山田杉並区長、参院選5議席目指す(時事通信)

「女の子の質高い」スカウトから従業員雇い入れ 容疑の風俗店責任者4人逮捕(産経新聞)

 路上でスカウトされた女性を性風俗店の従業員に雇ったとして、警視庁保安課などは、東京都ぼったくり防止条例違反の疑いで、渋谷区松濤、風俗店経営、吉野裕介容疑者(30)ら風俗店4店舗の責任者4人を逮捕した。同課によると、4人は3月に検挙された同じスカウトグループから女性の紹介を受けていたといい、いずれも容疑を認めている。吉野容疑者は「グループから紹介してもらえる女の子は質が高く、売り上げも上がった」と供述している。

 平成17年4月に改正された都ぼったくり防止条例は、スカウトされた女性を風俗店で雇い入れることを禁じており、同条例を適用しての検挙は初めて。

 同課の調べによると、ファッションヘルスやデリバリーヘルスの責任者だった吉野容疑者ら4人は昨年10〜11月の間、スカウトが新宿区や渋谷区などの路上で勧誘した女性4人について紹介を受け、それぞれ店舗で雇い働かせていた疑いが持たれている。

 吉野容疑者らに女性を紹介していた都内に住む22歳と23歳のスカウトの男2人も同容疑で書類送検する方針。

 同課によると、ほかに女性の紹介を受けていた18店舗のうち、3店舗が同容疑で書類送検、7店舗が違反をただすよう都公安委員会から指示処分を受けた。残る4店舗は始末書の提出を命じられた。

【関連記事】
カジノ議連きょう発足 パチンコ換金、合法化検討
新潟の風俗店経営者が2.5億円所得隠し 別人名義で税務申告
風俗店「じゃじゃ馬」放火 解雇された元従業員逮捕
沢本あすか激白…アダルト出演料は「外車の新車1台分」
急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”
外国人地方参政権問題に一石

<外国人刺殺>フィリピン人の逮捕状請求へ 三重県警(毎日新聞)
東国原知事、国政より物産展 舛添氏との連携は「時宜を見て」(産経新聞)
菅家さんが選挙権回復=「市民として社会参加」−栃木(時事通信)
児童養護施設で性的虐待=指導員が男児十数人に−岡山市(時事通信)
「治す」だけでなく「支える」医療を(医療介護CBニュース)

データ改竄で解雇、元筑波大学院教授の請求を棄却 水戸地裁支部判決(産経新聞)

 研究論文の実験データ改竄(かいざん)を理由に懲戒解雇されたのは無効として、筑波大大学院の長照二元教授(56)が大学などに地位確認と2千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、水戸地裁土浦支部であり、犬飼真二裁判長は長元教授の訴えを棄却した。長元教授は控訴する方針。

 訴状などによると、長元教授は平成18年8月、高温プラズマを一定時間維持する実験を米国物理学会誌に発表したが、大学院生が実験データに不自然な点があるとして大学に告発。大学は実験データに改竄があったとして、20年8月、長元教授を懲戒解雇した。長元教授は処分を不服として同年10月、提訴した。

 犬飼裁判長は判決理由で「科学的でない恣意(しい)的で不正なデータ解析などを実行した」と指摘した。

 記者会見した長元教授は「補正がないデータを出しても結論は同じ。正しいものを一番合理的な方法でやるのが科学の大事な点」と反論した。

 筑波大は「大学側の主張が全面的に認められた妥当な判決」とコメントした。

【関連記事】
男児十数人に性的虐待 養護施設の男性指導員
開星高校元教諭を再逮捕 児童ポルノ禁止法違反容疑 島根県警
大阪の児童養護施設、保育士が2女児に性的虐待
東大が助教を処分 「記載ミス」と弁明
岡山の児童養護施設で性的虐待か 男性職員を解雇

<エコ卒塔婆>間伐材を利用 広島の寺院、全国から注文(毎日新聞)
妻「悲しみ、言葉にできない」=15年来の同僚、カメラ手に涙−ジャーナリスト銃撃(時事通信)
非公式会談で米大統領不信感 首相「ない」と断言(産経新聞)
助産所の第三者評価を開始(産経新聞)
「ネットで教育問題語ろう」文科省が掲示板(産経新聞)

立教大生殺害で公的懸賞金=有力情報に上限300万円−殺人罪の時効まで1年(時事通信)

 東京都豊島区のJR池袋駅ホームで1996年4月、立教大法学部4年小林悟さん=当時(21)=が殺害された事件で、警察庁は9日、有力な情報の提供者に懸賞金を出すことを決めた。上限額300万円、期間は1年間で、同日付の官報に掲載し、実施する。
 懸賞広告は、社会的反響が大きく、被害者の生命・身体に重大な損害を与えるなどした容疑者不明の事件が対象。これまでに39事件が指定され、現在17事件が継続している。
 警視庁などによると、小林さんは96年4月11日午後11時半ごろ、山手線ホームでスーツ姿の男に突き飛ばされるなどして頭を強く打ったとみられ、意識不明になり、5日後に脳内出血で死亡した。
 男は山手線外回りの電車に乗って逃走。24〜34歳ぐらいで、身長170〜180センチ。がっちりした体格で小太りだといい、同庁はホームページに似顔絵を掲載するなどして情報提供を呼び掛けている。
 殺人容疑で捜査しており、公訴時効(15年)は2011年4月。政府は刑事訴訟法改正案を今国会に提出し、殺人罪などの時効を撤廃、延長する方針だが、警察庁は「時効の有無にかかわらず、早期解決につなげたい」としている。 

【関連ニュース】
可視化法案、今国会見送り=提出は来年以降
時効撤廃法案を閣議決定=6月施行目指す
時効撤廃法案、12日閣議決定へ=民主が了承
過去事件へ適用「憲法違反でない」=時効撤廃・延長で千葉法相
時効の撤廃・延長を答申=人命奪う罪に限定

ペット葬儀、トラブル多発「法規制必要」(産経新聞)
給与・定員、基本権に併せ検討=仙谷担当相−公務員法案、実質審議入り(時事通信)
皇后さま 小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)
「沖縄」密約開示命令、西山さん「超完全勝利」(読売新聞)
【視点】日本の宇宙開発 有人計画、戦略練る転機(産経新聞)

債務残高比率「安定的に縮減」=財政健全化へ素案−国家戦略室(時事通信)

 政府の国家戦略室は6日、6月に策定する財政運営戦略と中期財政フレームの素案を公表した。国内総生産(GDP)に対する債務残高比率の「安定的縮減」を最終目標に据えたほか、新規施策や減税には恒久的な財源を確保する「ペイ・アズ・ユー・ゴー原則」など財政運営ルールの確立を打ち出した。 

新規2型糖尿病治療薬ビクトーザ、4月保険適用は見送り(医療介護CBニュース)
【衝撃事件の核心】校長室、踊り場…校内をラブホ代わりに突っ走った“W不倫”の顛末(産経新聞)
金沢のスーツケース遺体事件、出頭の男逮捕(読売新聞)
どこか違う?「宇宙カボチャ」 初収穫、種は全国の小学校に(産経新聞)
<橋下知事>豊中市長と“和解” 大阪空港跡地利用で協議へ(毎日新聞)

トヨタ紡織、会長にダイハツの箕浦社長(レスポンス)

トヨタ紡織は、ダイハツ工業の箕浦輝幸社長が代表権を持つ会長に就任すると発表した。6月下旬開催予定の定時株主総会とその後の取締役会で正式に就任する。

浦西徳一会長は退任する。

箕浦氏は、慶応義塾大商学部卒でトヨタ自動車工業に入社し、トヨタモーターマニュファクチャリングノースアメリカの社長などを経て1998年に取締役、2002年に常務、2003年に専務、2004年にダイハツ工業の副社長、2005年に社長に就任した。66歳。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
ダイハツ、伊奈副社長の社長昇格を正式発表
【トップインタビュー】私の自動車ビジネス革命…豊田章男 トヨタ自動車社長
日本ビクター、社長を外部から招聘…フロントランナーの伊藤社長
トヨタ紡織 特別編集
ダイハツ工業 特別編集

子ども手当法 成立 6月から支給(毎日新聞)
<日米密約>検証委と異なる「私見」春名委員(毎日新聞)
首相動静(3月22日)(時事通信)
金子みすゞ展 大阪で開幕…没後80年、大丸心斎橋店(毎日新聞)
「元教諭から性的虐待」民事2審で賠償増額(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。